« 2010年11月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月27日 (木)

2002 ジュブレシャンベルタン ラ・グリォット


110127_2017011
クロドデュがの娘さんと息子の二人で切り盛りして

親父の畑の隣でワイン作りをしている様ですが

このウ゛ィンテージは 殆どデュがが 造ったらしい

2003の オスピスボーヌに入札したくて興した ネゴシヤャンと聞いてます。

そんな事はワインと別の話で デュガにしてはチョット優しいが

バランス良く美味しいダークチェリー、スミレ、とコーヒーのモカの香り 口の中で

果実味が凝縮している 良い年はいつ飲んでも美味しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月25日 (火)

ぴのファン パスカルラショー

Pinot_fin
パスカルラショーが ピノノワールから亜種を造りそれを、

ファンという呼ぶ品種だそうです、繊細なという 意味らしい

ノワールとなにが違うかと言うと 酸味が優しく小粒の葡萄だから

タンニンがやや多く感じ、 でも 美味しく感じる

安くて美味しいワインです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月24日 (月)

バレンタイン用の・サンティム 2001年

Saintayme
もうすぐ バレンタインディですね

バレンタインのプレゼントにワインを選ぶ 素敵な美女も沢山いらっしやいますが 選ぶ

又は 薦められるワインとして カロンセギュールが一番に挙げられますが

カロンセギュールは 15・6年位寝かせてから 飲まないとちっとも美味しくないと

感じる方が多いのはワインの寝かせた時間が少ない為に そう感じるのでしょう。

今回 見つけたサンティムは10年も過ぎた わりと早飲みの サンテミリオン村のワインです

葡萄品種はメルローが70㌫にカベルネソウビニョンとカベルネフランを併せて30㌫から

で造られ    色は熟したチェリーレッド 香りはヘーゼルナッツと甘草 さくらんぼの種を

噛んだときのアロマが伴う 口当たりは柔らかく 完熟したタンニンが

優しさバランス良く 美味しく楽しめました

今のこの時期買いに走っても良いと思います。

ちなみに私は追いかけで24本追加して楽しんでます

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年11月 | トップページ | 2011年2月 »